スポンサーサイト

2016.03.17 Thursday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    人を笑わせる会話術のうまい切り返しや言いまわし

    2016.03.17 Thursday

    0

      どんなに頭をひねっても気の利いたフレーズが思い浮かぶことがなく、笑いがない会話パターンから抜け出せずにいたとしても、
      面白い話に欠かせない大切なポイントを抑えられるようになり、どうやって相手を笑わせようかとワクワクしながら考えられるようになる方法がこちら



      会話の上手い人たちはよく「決めつける」ような話し方をします。

      「あなたは賢いよね」
      「気が利くよね」
      「センスあるよね」

      といった感じです。

      相手の性格や価値観を決めつけることによって何が起きるのかというと、単純に相手をほめやすくなります。別に外れていようがあたっていようがどちらでも構いません

      相手が「別にそんなことはないけどな。」と思ったとしても、褒められて嫌な気持ちにはなりません。むしろ「え、そういう風に見られているんだ!」と自分が知らなかった自分を発見した気分になります
      結果的にあなたが決めつけた通りにフル丸ようになるので、相手の性格をほめるのは非常に効果的です。さらに、初対面の人に「話し上手だね」と言うことで、相手に話させることなんかもできます


      話がうまい人たちは確かに才能やセンスに恵まれていたかもしれませんが、それが会話力を決定づけているわけではありません。テクニックを知り、テクニックを使いなけれてえしまえば人を笑わせるのは案外簡単なことになります
      あなたも、下のような結果を意外とあっさり手に入れることができますよ。


      年上の人の懐へうまく飛びこめる

      人間関係のリスクコントロールができる

      面白い話が湯水のごとく思い浮かぶ

      頭がいい人とみられるようになる


      木多崇将さんの人を笑わせる会話術では、相手をくすっとさせる簡単なテクニックが大量に用意されているだけじゃなくて、相手を気持ちよくさせたり居心地が良いと感じさせることもできます
      テレビに出てくる芸人たちは、割れんばかりの大笑いを起こしてお金をもらっているわけですが、彼らが使っているテクニックを注意深く見てみれば、たいして難しいことをやっているわけではありません。

      例えば自分のスペック(性格や価値観、経験など)を話すときに、淡々と話すのは取扱い説明書を読み上げるような感じになってしまい、やってはいけない話し方になります。
      そこでどうするかというと、大げさに話をするだけです。

      「北海道生まれです」というのであれば

      「毎年1回はホワイトアウトで遭難しかける北海道出身です」
      なんて言ってみます。


      明らかに嘘だとわかるくらい大げさに言うのが良いです。最初のうちは誇張したり嘘をつくことに抵抗を感じるかもしれませんが、慣れてしまえばこれほど簡単なテクニックはありませんよ。
      大げさに言うことで、言いにくいことも割と言いやすくなります。

      たとえば、誰かに仕事をお願いしたいときには
      「あなたがやれば0.1秒で瞬殺できる仕事だからお願い!」
      みたい言えばよいでしょう。


      木多崇将さんの人を笑わせる会話術ではこういったテクニックがてんこ盛りされているので、いきなりすべてのテクニックを使いこなすのは無理です。
      気になったもの・やりやすいなぁと思ったテクニックを適当に選んで、意識的に使うようにしましょう。使っているうちにどんどん、あなたの頭の中に笑いを取る思考回路が出来上がっていきます。

      会話が上手い人は頭の回転も速いように見えますが、実際に頭が良い傾向があります。普通の人より言葉を考えて口に出すようになるので、頭を使う量が増えるからなんですね。
      何かを伝えるときにそれをどう表現すると面白くなるのかを考えるようになると、逆に自分が今までずいぶんとサボっていたなぁと思うようになりますよ


      木多崇将さんの人を笑わせる会話術を実践するにあたってはとにかく、試してみることが重要です。知識を知っただけで使いこなせるようにはなりませんからね。
      たとえば、相手の期待を良い意味で裏切るのも笑いを生み出すコツになるものの、ノウハウを知ったからと言ってすぐに実践できるものではありません。

      何か食べている時にものすごく美味しそうな表情をして「まずい」と言ってみるとか、すごく元気がなさそうに見せて「宝くじ当たった」と言ってみたり。とにかくテクニックに合わせてどんな風に伝えると面白くなるのか?を考えることが大切ですよ。

      →→脳みそを絞らなくても面白い話がどんどん思い浮かぶようになる木多崇将さんの人を笑わせる会話術の努力のやりがいがある笑いのパターンとは??




      藤井聡
      伊藤昭憲


      人を笑わせる会話術の楽しい話の仕方

      2016.03.17 Thursday

      0
        会話上手か下手かというのは家庭環境が大きく影響を与えているのは間違いありません。にぎやかな家庭で育った人はだいたい話が上手かったりするものです。
        それに関西に住んでいる人であれば普段から笑いを重視した語り口になっています。他の地域に比べてアドバンテージがあるのは間違いありません。

        家庭環境や生まれ育った地域を変えることはいまさらできないものの、ホストという職業があるように面白い話し方は訓練によって身に着けることができます
        話し上手な人のやり方をそれとなく真似してみて、自分で試行錯誤しても話し方が上達する可能性はあるわけですが、道のりは決して短くはありません。


        自分のことを「人を笑わせるのが上手い」と思っている人ほど、それはセンスや才能があるからだと勘違いしているからです。
        本当はいくつかのノウハウを駆使しているだけなのに、それをはっきり認識せず、自分の会話能力が高いと思い込んでいるため、彼らからアドバイスを受けてもパッとしない答えしか返ってこないわけです。

        人を笑わせるのは難しいように見えて実は単純な側面があります。人が「面白い」「楽しい」と感じるポイントなんてたかが知れているからです。
        笑いのツボはけっこう誰にだって共通していたりするものです。それさえ知ってしまえば、下手なテクニックなんか使わなくとも、面白い話題がポンポン思いつくようになりますよ


        木多崇将さんの人を笑わせる会話術なら、つまらない話題でも面白い話題に変えることができます。何の面白みもない出来事にアクセントを加えて面白さを演出できるようになります。

        「電車通勤してるよ」なんて言う何の面白みもない一言でも

        「愛車の埼京線で通勤してるよ。」
        とか
        「俺ほど電車通勤が好きなやつはいない」

        なんて言ったら、急に面白みが産まれますよね?


        話し上手な人がやっているのは結局、普通の出来事や情報にちょっと演出を加えているだけです。その演出方法(テクニック)も、中身を知ってしまえばびっくりするほど簡単なものばかりです。
        センスや才能が問われることはありません。ただ使い慣れるかどうか?それだけです。使い慣れてしまえばそれこそ、息を吸って吐くように面白いコメントが言えるようになります。

        木多崇将さんの人を笑わせる会話術を実践するうえで困ったことがあれば、いつでも相談できます。分からないことがあれば気軽にメールで質問することができます
        なによりも返金保証がついていますので、もし中身が全く期待したものじゃなかった場合、お金を取り戻すことだってできます。

        これからも自分のことを面白くない奴だと思い続け、本来得られるチャンスをみすみす逃してしまう前に、
        人間関係のリスクコントロールを身に着けて、個性の光る面白い人間になりませんか?

        空気が読めないやつという不名誉なレッテルはさっさと引っぺがして「面白いやつがいるんだよ」とみんなに紹介してもらえるようになるにはこちら





        浅田哲臣
        TOEIC最速スコアアップ講座


        1